もっと◯◯ができるようになるための8つの方法

もっとたくさんの本が読めるようになるための8つの方法

皆さんこんにちは!
今年はとても暑いですね。暑い日は、お家やカフェで読書をするチャンスです。

今日は、以前イノセンスプラス長町校で、高校生のレッスンでも使用した、ハーバード大学のビジネススクールの記事をご紹介します。

 

8 Ways to Read (a Lot) More Books This Year
今年より多くの本を読むための8つの方法

 

というタイトルです。読書だけではなく、ご家庭での学習にも使えそうな内容だったので、一部紹介していきたいと思います。

(原文記事へのリンクです:Harvard Business Review)

https://hbr.org/2017/02/8-ways-to-read-a-lot-more-books-this-year

読書に集中できる環境を作る

デレビやゲームなど、読書の妨げになりそうなものを身の周りから遠ざけましょう!
特に、長い時間を過ごす空間(リビングルームや自室)は気をつけましょう。

 

1998年に心理学者のRoy Baumeisterが次のような実験を行いました。

被験者を3つのグループに分けます。

グループ1

チョコチップクッキーとダイコン(Radish)を与えられ、「ダイコンだけ食べていいよ」と伝えられたグループ

グループ2

チョコチップクッキーとダイコン(Radish)を与えられ、「好きなものを食べていいよ」と伝えられたグループ

グループ3

食べ物を何も与えられなかったグループ

 

この後、心理学者は各グループに、解くことができない難しいパズルをやらせます。

(頑張って何かに取りくむ力を見るため)

 

どのグループが最初にパズルをあきらめてしまったでしょうか?

 

 

そうですね、皆さん想像がついたと思いますが、グループ1がすぐにパズルをあきらめてしまいました

 

この実験から何が言えるでしょうか?

「何かを頑張ってしよう!」という「意志の力」は限りがあるのです。

チョコチップクッキーを食べるのを我慢していたグループはそこに「意志の力」を使ってしまい、パズルをすぐあきらめてしました。

 

「テレビを見すぎないようにしなきゃ、ゲームは1時間で止めなきゃ」と自分の気持を抑えていると、他の「頑張らなくてはならないこと」をやり遂げる力が減ってしまうのです。
この記事では「我慢しなくてはいけない原因になるものを遠ざけましょう!」とアドバイスしています。

 

ダイエットや勉強も一緒??

本文にはありませんが、読書にかかわらず、ダイエットや勉強も一緒ですね。

 

過去に心理学者の調査で、「体重が増えやすい人と、体重をキープする人の部屋を比べた結果」という論文も読んだことがあります。

体重が増えやすい人は、目のつく場所に食品を置いておく人が多かったそうです。
逆に体重をキープする人は、食品を引き出しの中や、食料庫など目につかない場所に保管する人が多いようです。

食べるつもりはなくても、食品が視界に入るだけで影響があるそうです…

もちろんテレビやゲームも一緒ですね。

 

子供がなかなか宿題をやらない…

時々、Innocence Plus English Schoolの保護者の方から以下のような相談を受けます。

・子供がなかなか宿題をやらない
・勉強しなさい!と何度言っても机に向かわない

こんな悩みのある方は、子どもたちの周りの環境を見直してみましょう!

 

・子どもたちが勉強する時間テレビは消してありますか?
・きょうだいや家族がテレビゲームやスマホゲームをいじっていませんか?

 

知らず知らずのうちに、勉強ができない環境が整ってしまっていることもあります。
子どもたちが家から出る18歳ごろまで影響する環境です。
一度家族で話し合ってみましょう!

 

話がそれましたが、今日は

8 Ways to Read (a Lot) More Books This Year
今年より多くの本を読むための8つの方法

から1つ目の方法(Way)をご紹介しました!

 

株式会社American Time Shunsuke

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です